アクティビティミュールライド

モロカイ島の名物ツアーでもあり、一番オススメツアーでもあり、自然、動物、ハワイの歴史、全てが一度に経験できるツアーです。島の中心部、KALAEから、シングルトラックの山道をミュールに乗って、北(ノース)のカラウパパ国立公園まで行くツアーです。

ミュール(MULE)とは、雄のロバと雌のウマの交配種。日本語では、ラバ(騾馬)とも言います。 馬よりも体格ががっちりしており、性格もおとなしいので、乗馬の経験がない方でも安心して身を任せて楽しめます。

カラウパパを囲む断崖絶壁の標高は、ギネスブックにその記録が掲載されており、世界で一番標高が高い断崖に認定されています。

尾根から眺めるカラウパパの壮大な景色は、ハワイの他のどの島でも見ることができないすばらしい景観です。

トレイルは、およそ3マイル(約5キロ)で、その間に26か所のスイッチバック(ジグザグ)を通っていきます。この間、たいてい参加者の多くは、ひたすら無言でミュールと一体になって、スイッチバックを進んでいきます(笑)。

カラウパパに到着後は、ダミアンツアーのガイドと合流し、ミュールを降りて、古びた黄色いスクールバスに乗り込みカラウパパの地に足を踏み入れ、ハワイの歴史について、カラウパパについて、案内を受けながら、カラウパパ半島を周遊します。

そしてそこで昼食をとり、のんびりと過ごした後、再び降りてきたトレイルを今度は登って行き、ミュールバーンに帰ります。

カラウパパの歴史についてはこちらのページをご覧ください

■洋 服:長ズボン(又は)バミューダ半パンツ、運動靴、帽子、サンバイザー(日よけ)、スウェットシャツ(又は)ウィンドブレーカー

■持ち物:スナック、カメラ、水など(昼食はツアー代金に含まれており支給されますが、食物アレルギーや食べられるものに限りがある方は持参してください。)

■予約期限:参加希望日の2週間前以上には予約してください。直前の予約、現地での予約は対応できない場合があります。

■支払方法:クレジットカード、為替送金。

  ※5人以上の団体参加の場合には、10日前までに支払が必要

  ※5人以下の参加の場合には、通常、知らせたクレジットカードに参加日の2-3日前にチャージ(決済)されます。

  ※使用可能なクレジットカード: VISA, MASTER, AMEX, DISCOVER (JCB不可)

[ツアー料金] 1人199ドル 昼食・許可証・お土産込み

[所要時間] 6時間(8:00AM~15:00PM)

[開催日]月曜~土曜日:日曜定休 ※ただし平日でも事前予約のない日は定休の場合もあり。

[集合&解散場所] KALAE市内 モロカイミュールライドバーン KALAE HWY(470号線)

モロカイコーヒー農園を通り過ぎてハイウェイ470号線マイル5マーカーの先左側。

[ツアースケジュール]※集合時間以外の工程時間は大体の予定です。

●8:00 -集合(時間厳守)チェックイン

●8:15 -ブリーフィング&オリエンテーションその日に乗るミュールの紹介、名前を教えてくれますので覚えましょう。どのミュールがどの人に合うか、ガイドは長年の経験から最適なパートナーを連れてきてくれます。ミュールに乗る際の注意事項、乗り方、ミュールの操り方など一通り、レッスンを受けます。参加規約に同意するサインをします。

 

●8:25 -出発参加者全員、各自、自分のミュールに乗りトレイルへと出発します。26のスイッチバックを下っていきます。あまり深く考えなくても、皆さんよりも「ミュールのほうが、きちんと行くべき道を知っています」(笑)。だから、ここからは、ミュールの上に座って、リラックス、そして目に映る景観、自然、空気を満喫してください。道すがら、ガイドがポイントを教えてくれたり、歴史についての話などもしてくれますので、英語力のある方はぜひガイドの近くにいるといいでしょう。

 

●10:10 -カラウパパ到着平和に満ち溢れたカラウパパの雰囲気、空気に心休まるひと時が始まります。ここで、古びたスクールバス(ツアーバス)の到着を待ち、バスでカラウパパ半島周遊ツアーが始まります。途中でショップに立ち寄ったり、ポイントポイントで止まってガイドが説明してくれます。※カラウパパショップではクレジットカード使えません。現金持参しましょう。

 

●昼  食 ー静かな木陰で昼食を楽しんでください。(昼食はツアーに含まれています)。

 

●13:30 -帰 路自分のミュールの名前、覚えていますか?万が一忘れても大丈夫。ガイドが教えてくれます。帰路は、上りです。これまた、ミュールに全てをゆだねて。若干、この頃になるとお尻や太ももが筋肉痛になった感じがでてきますが、気軽にこれる場所ではありませんから、そこから眺める景色をしっかりと頭に焼き付けましょう。

 

●15:15 -ミュールライドバーン(集合場所)到着その日の参加人数や天候、ミュールのスピードなどにより若干前後しますが、15時前後に出発地点に到着します。ツアー終了証書を受け取ってツアー終了です。お疲れ様でした。自分のミュールと記念撮影してください。

■予約方法

 ●ミュールライドホームページから申込み

 ●電話で申込み 808-567-6088 または(オーナー携帯)808-336-0802 いずれも(対応は英語のみ)

 

■(英語で)予約の場合の手順  ※日本語通じる専門スタッフはおりません。

(1)ネットまたは電話で必要事項(ツアー参加希望日、ツアーの種類、参加者のフルネーム、身長、体重、メールアドレス、連絡先、モロカイ島到着日、出発日)を伝えます。

※インターネットからフォーム予約の場合には、身長、体重が以下のようになっています。

□ Taller than 6 feet (身長182cm以上の人はチェックをいれる)

□ 226 - 250 pounds(体重100kg~の人はチェックをいれる)

※現地でも身長、体重を聞かれる場合がありますので、自分の体重を(フィート)(ポンド)換算で覚えておくことをお勧めします。

 

(2)参加希望日でOKの場合には、クレジットカード番号を伝えます(予約確保のため)引落請求はまだされません。

※クレジットカード番号はセキュリティの観点からメールで送らないほうが無難です。電話で直接伝えるか、留守電にメッセージを残す形で伝えてください。(メールで送る場合には、クレジットカード情報をお持ちのパソコン上で、「画像」として作成し、JPEG,GIF,PDFファイルなどで保存の上、メールに添付すれば大丈夫です。)

 

(3)クレジットカード連絡後、予約番号が発行されます。控えておいてください。

 

(4)カード決済は、通常、ツアー参加の2-3日前に行われます。実際の口座からの引落はその後、各クレジットカード会社に準じます

 

(5)キャンセルは、参加者の都合によるキャンセルは、24時間前まで、また当日の悪天候によるツアーキャンセルはいずれもキャンセル料の発生はありません。

※ただし、ホノルルツアーは48時間前、マウイツアーは72時間前までにキャンセル連絡が必要です。(これ以降はキャンセル料が発生します)。

 

(6)モロカイ島に到着したら、ツアーの参加日前にまず、島に到着したことを電話または現地にて知らせてください。(メールだと不備が出る可能性あり)。

 

(7)電話が留守電になっている場合には、「1」を押すと、メッセージが停止してその後、留守番メッセージを録音できる状態になりますので、ツアー参加予約番号、参加日、名前と、いつモロカイ島に到着したか、をメッセージに残しておいてください。(事前コンファーメーションに該当します)

※メッセージ一例

「Aloha, my name is (your name). I have arrived on Molokai (today/yesterdayなど到着した日). I would like to confirm my reservation on (ツアー参加日). My reservation confirmation number is (予約番号).  Looking forward to attend the tour, Mahalo!」※複数で参加する場合などは、予約番号の後に、「2 party for this reservation(この予約で2人参加)」のように追加しましょう。

 

★以上が予約~事前確認までの流れです。あとは、ツアー参加当日、集合時間8:00頃に直接、ミュールバーンに集合してください。

★車は、ミュールバーンに止められます。

■ミュールライドの歴史

モロカイミュールライドは、1993年に正式に会社として設立されました。会社としての運営はまだ歴史が浅いのですが、実は1973年からすでにモロカイ島でミュールを教育して、レンタルしたのが始まりで、当時からモロカイ島でミュールと長年に渡り生活してきたバズィー・スプラウト(写真右)と、モロカイ島ローカルファミリー、ロイ&フェイス・ホーナー夫妻(写真左)の共同オーナーで会社設立に至りました。ホーナー夫妻の息子は、現在、すぐ近くのモロカイコーヒー農園で開催されているモロカイコーヒー農園ワゴンツアーの管理、ミュールの世話をしています(写真中)。ローカルならでわの暖かい雰囲気、そして、ほのぼのとしたミュールたち。

彼らが長年守り続けてきたモロカイ島の自然や歴史。全てをミュールライドツアーで体験できます。

カラウパパ・バスツアー

© 2013 Love Molokai  managed by Lokahi Creations Co,Ltd.

一部まだ工事中です。