アクティビティ海水浴

モロカイ島ではいくつもビーチがあります。
家族と一緒、一人でのんびり読書、サーフィン、ボディーボード、シュノーケリング、釣り、、、、などなど目的に応じて、目的に応じた最適のビーチが必ずあります。
そして、本当に「ここは無人島?」と思ってしまうほどに、どこのビーチも、空いていて多くの場合「貸切リ状態」を簡単に実現できるのも、モロカイならでわです。もし、たまたま行ったビーチにすでに人がいたら、車でさらに隣のビーチ、さらに隣、、、と行ってみましょう。必ず誰もいないビーチに出会うことができますよ!

モロカイ島で海水浴を楽しむ際に知っておいて欲しいこと

全て利用者の「自己責任」において、充分に安全に配慮しながら、必要な装備などを全て準備して海水浴にでかけてください。

モロカイ島のビーチには、「ライフガード常駐」しているビーチは一つもありません。

ハラワバレービーチーパーク ●パポハクビーチパーク オネアリイビーチパークの3か所のみとなります。その他のビーチは自然のままのビーチですので、施設は何もありません。

モロカイ島のビーチには、「ライフガード常駐」しているビーチは一つもありません。

売店、自販機などがあるビーチはひとつもなく、近くにショップがあるビーチは限定されますが、あるいていける距離にはありません。海水浴に出かける際には、クーラーボックスや、飲料水、スナックなど全て予め準備をして持参してください。

モロカイ島のビーチには「自販機」「売店」があるビーチは一つもありません。

ここでご紹介しているビーチは比較的、人気のあるビーチです。このほかにも、島には至るところに、プライベートビーチのような名もないビーチはたくさんあります。

モロカイ島のビーチには「トイレ」があるビーチは、3か所のビーチだけに限られます。

      

      ウエストエリア

 

  西側のビーチは、通年、貿易風の影響

もあり、波は荒く、波打ち際も穏やかではない場合が多いです。冬場はサーファーのメッカにもなるので、冬場の海水浴はオススメしません。入江(湾)​ になっているディキ シービーチは、その中でも比較的穏やか   です。但し、水深は割とビーチから

     すぐに深いので注意が必要

         です。

      

     セントラルエリア

 

  セントラルエリアで海水浴が楽しめる

ビーチは、実際のところあまりありません。

西や東側に比べると、若干、水の透明度は

劣ることや、サンディービーチになっている

 場所でもないので、どちらかと言うと、

  日光浴、ピクニック、ビーチウォーク、

    などに適しているでしょう。

      

      イーストエリア

 

  年齢問わずに海水浴、日光浴、シュノ

ーケルを楽しめるのは、バリアリーフ海域の

イーストエリアに点在するビーチです。ただし、ただし、東側のビーチは全て天然のビーチで、日蔭が確保されていない場所も

 ありますので、装備は充分に用意をして

   出かけてください。

© 2013 Love Molokai  managed by Lokahi Creations Co,Ltd.

一部まだ工事中です。